いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

殿様の通信簿

著者:磯田 道史 
レーベル: 新潮文庫
出版社:新潮社
文庫:280ページ
発売日:2008-09-30
分類: 江戸  日本史一般 
評価 3.8   読者数 3.2
殿様の通信簿
       

<マイリスト>

<目次>

徳川光圀―ひそかに悪所に通い、酒宴遊興甚だし
浅野内匠頭と大石内蔵助―長矩、女色を好むこと切なり
池田綱政―曹源公の子、七十人おわせし
前田利家―信長、利家をお犬と申候
前田利常其之壱―家康曰く、其方、何としても殺さん
前田利常其之弐―百万石に毒を飼うべきや
前田/利常其之参―小便こらえ難く候
内藤家長―猛火のうちに飛入りて焚死す
本多作左衛門―作左衛門砕き候と申されよ

<新聞書評>

<別版>

<磯田 道史の本>