いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

著者:加藤 陽子 
レーベル: 新潮文庫
出版社:新潮社
文庫:497ページ
発売日:2016-06-26
分類: 日本史一般 
キーワード: 日本人  戦争 
評価 4.0   読者数 3.8
受賞:小林秀雄賞 
紹介:池澤夏樹 
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
         

<マイリスト>

<目次>

序章 日本近現代史を考える
1章 日清戦争―「侵略・被侵略」では見えてこないもの
2章 日露戦争―朝鮮か満州か、それが問題
3章 第一次世界大戦―日本が抱いた主観的な挫折
4章 満州事変と日中戦争―日本切腹、中国介錯論
5章 太平洋戦争―戦死者の死に場所を教えられなかった国

<新聞書評>

<別版>

<加藤 陽子の本>