いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

「みんなの学校」が教えてくれたこと: 学び合いと育ち合いを見届けた3290日 (教育単行本)

著者:木村 泰子 
出版社:小学館
単行本:205ページ
発売日:2015-09-16
分類: 学校教育  教育学 
キーワード: みんな  学校 
評価 4.5   読者数 2.8
[ベスト1000冊]
「みんなの学校」が教えてくれたこと: 学び合いと育ち合いを見届けた3290日 (教育単行本)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 「みんなの学校」の子どもたち
  • 信じられるから、いっしょにいられる
  • かかわる大人次第で変わる子ども ほか
第2章 学び合い、育ち合う
  • 「この子さえいなければ」
  • 本音でぶつからないと本質は見えない ほか
第3章 私の原点
  • 「教育の神様」と運命の出会い
  • 神様が遺した言葉 ほか
第4章 教師は学ぶ専門家
  • 校長の失敗
  • 変わっていく教師たち ほか
第5章 「みんなの学校」をつなぐ
  • 公立だからできること
  • みんながつくる、みんなの学校 ほか