いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

さいはての中国

著者:安田 峰俊 
レーベル: 小学館新書
出版社:小学館
新書:269ページ
発売日:2018-10-03
分類: 社会学概論  地理・地域研究  中国 
キーワード: さい  はて  中国 
評価 3.7   読者数 2.7
さいはての中国
       

<マイリスト>

<目次>

序章 中国人による中国人のためのチャイナタウン(埼玉県西川口)
第1章 中国のシリコンバレーをさまようネトゲ廃人たち―広東省深〓(せん)市
第2章 10万人の黒人が住みつく「リトルアフリカ」に潜入―広東省広州市
第3章 「習近平の聖地」を巡礼してみた―陝西省富平県・延川県
第4章 突如「新首都候補」にされた田舎町―河北省「雄安新区」
第5章 ゴーストタウン「鬼城」の住人たち―内モンゴル自治区ウランチャブ市・オルドス市
第6章 日本の友好国が「赤い植民地」と化した―カンボジア・プノンペン特別市
第7章 新「慰安婦博物館」と元「中国人慰安婦」の虚実―江蘇省南京市
第8章 カナダの「反日グランドマスター」に会う―カナダ・オンタリオ州トロント市

<ブログ等>

<安田 峰俊の本>