いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

虫捕る子だけが生き残る~「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか~

著者:養老 孟司  池田 清彦  奥本 大三郎 
レーベル: 小学館101新書
出版社:小学館
新書:192ページ
発売日:2008-12-01
価格:756円
分類: 教育学 
キーワード:   社会  子ども  未来 
評価 3.6   読者数 2.7
虫捕る子だけが生き残る~「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか~
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 虫も殺さぬ子が人を殺す―虫の世界から見た教育論
  • 昆虫少年は絶滅危惧種
  • 虫好きにだって、嫌いな生き物はいる
  • 虫も殺さぬ顔で原爆を落とす ほか
第2章 虫が生きにくい社会にしたのは誰か―虫の世界から見た環境論
  • 虫の数は減ったのか
  • 見かけは同じ環境でも、内容が違ってきた
  • 餌の変化が生態系を左右する ほか
終章 虫が栄える国を、子どもたちに残そう―虫と共生する未来へ
  • 普通の虫を増やしたい
  • 何でもいいから、生き物を相手にしよう
  • 自分の手で虫を捕る喜びは、何物にも代えがたい ほか

<養老 孟司の本>

<池田 清彦の本>

<奥本 大三郎の本>

<こちらの本も見られています>