いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

フェルメールの光とラ・トゥールの焔: 「闇」の西洋絵画史 (小学館101ビジュアル新書)

著者:宮下 規久朗 
出版社:小学館
単行本:190ページ
発売日:2011-04-01
分類: ノンフィクション  絵画 
キーワード: フェルメール        西洋  絵画史 
評価 3.6   読者数 2.5
フェルメールの光とラ・トゥールの焔: 「闇」の西洋絵画史 (小学館101ビジュアル新書)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 闇の芸術の誕生―レオナルド・ダ・ヴィンチとルネサンスの巨匠たち
第2章 光と闇の相克―カラヴァッジョ
第3章 ヨーロッパに広がる闇―カラヴァッジョ派とバロックの巨匠たち
第4章 心の闇を照らす焔―ラ・トゥール
第5章 闇に輝く黄金の光―レンブラント
第6章 闇を溶かす光―フェルメール
第7章 闇の近代―光と闇の継承者たち

<宮下 規久朗の本>