いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

「0から1」の発想術

著者:大前 研一 
出版社:小学館
単行本:252ページ
発売日:2016-04-06
キーワード: 発想術 
評価 3.8   読者数 3.0
「0から1」の発想術
       

<マイリスト>

<目次>

基礎編 「0から1」を生み出す11の発想法
  • SDF/戦略的自由度―消費者のニーズを正しくとらえるために
  • アービトラージ―情報格差こそビジネスチャンスになる
  • ニュー・コンビネーション―「組み合わせ」で新たな価値を提案する
  • 固定費に対する貢献―「稼働率向上」と「付加価値」の両立を
  • デジタル大陸時代の発想―高速化した変化のスピードについていく方法
  • 早送りの発送―「兆し」をキャッチする重要性
  • 空いているものを有効利用する発想―Uber,Airbnbもこの発想から生まれた
  • 中間地点の発想―「業界のスタンダード」を捨てる
  • RTOCS/他人の立場に立つ発想―「もしあなたが○○だったら」が思考を変える
  • すべてが意味することは何?―発想の飛躍が息の長いビジネスを生む
  • 構想―あなたには何が見えるか?
実践編 「新たな市場」を作り出す4つの発想法
  • 感情移入―ユニ・チャームはなぜ女性に受け入れられたか
  • どんぶりとセグメンテーション―大ヒットシャンプーの裏にあった考え方
  • 時間軸をずらす―「コスト」がネックになった場合の対処法
  • 横展開―他の業界にこそ成長のヒントはある

<大前 研一の本>