いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

多田駿伝: 「日中和平」を模索し続けた陸軍大将の無念

著者:岩井 秀一郎 
出版社:小学館
単行本:317ページ
発売日:2017-03-01
分類: ノンフィクション  日中・太平洋戦争  日本史一般 
多田駿伝: 「日中和平」を模索し続けた陸軍大将の無念
       

<マイリスト>

<目次>

プロローグ “終の住処”を訪ねて
序章 参謀次長の涙―「日中和平」ならず
第1章 「弱い者いじめ」が大嫌い―仙台から満洲・天津へ
第2章 不拡大派“最後の砦”―「中国通」参謀次長の本懐
第3章 失われた良識―熾烈な権力抗争の中で
第4章 幻の陸軍大臣―東條英機の対極として
第5章 房総での閑日月―自責の念を抱えた将軍
終章 相馬御風への手紙―良寛を介して溢れる心情
エピローグ 友とともに

<新聞書評>