いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

最後のバブルがやってくる それでも日本が生き残る理由 世界恐慌への序章

著者:岩本 沙弓 
出版社:集英社
単行本:256ページ
発売日:2012-04-26
分類: 各国経済事情  債券・為替・外貨預金  住宅ローン  世界 
キーワード: 最後  バブル  日本  理由  世界  恐慌  序章 
評価 3.8   読者数 2.6
最後のバブルがやってくる それでも日本が生き残る理由 世界恐慌への序章
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 資本主義最後のバブルが始まっている
第2章 通貨をめぐる本質的な問題
第3章 ユーロ危機をめぐる国家の駆け引きと通貨戦略
第4章 イランの核疑惑と原油のドル表示問題
第5章 日本国内の「円高悪玉論」に隠された嘘
第6章 日本の為替介入、不都合な真実
第7章 「日本国債暴落論」は間違っている
第8章 恐慌前のバブル相場はどう動くのか―近未来の予想

<岩本 沙弓の本>