いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

はじめてのルーヴル

著者:中野 京子 
レーベル: 集英社文庫
出版社:集英社
文庫:256ページ
発売日:2016-10-20
分類: ノンフィクション  絵画 
キーワード: ルーヴル 
評価 3.6   読者数 2.9
はじめてのルーヴル
       

<マイリスト>

<目次>

なんといってもナポレオン―ダヴィッド『ナポレオンの戴冠式』
ロココの哀愁―ヴァトー『シテール島の巡礼』
フランスをつくった三人の王―クルーエ『フランソワ一世肖像』
運命に翻弄されて―レンブラント『バテシバ』
アルカディアにいるのは誰?―プッサン『アルカディアの牧人たち』
捏造の生涯―ルーベンス『マリー・ド・メディシスの生涯“肖像画の贈呈”』
この世は揺れる船のごと―ボス『愚者の船』
ルーヴルの少女たち―グルーズ『壊れた甕』
ルーヴルの少年たち―ムリーリョ『蚤をとる少年』
まるでその場にいたかのよう―ティツィアーノ『キリストの埋葬』
ホラー映画―作者不詳『パリ高等法院のキリスト磔刑』
有名人といっしょ―アンゲラン・カルトン『アヴィニョンのピエタ』
不謹慎きわまりない!―カラヴァッジョ『聖母の死』
その後の運命―ヴァン・ダイク『狩り場のチャールズ一世』
不滅のラファエロ―ラファエロ『美しき女庭師』
天使とキューピッド―アントワーヌ・カロンまたはアンリ・ルランベール『アモルの葬列』
モナ・リザ―レオナルド・ダ・ヴィンチ『モナ・リザ』

<別版>

<中野 京子の本>