いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

世界「最終」戦争論 近代の終焉を超えて

著者:内田 樹  姜 尚中 
レーベル: 集英社新書
出版社:集英社
新書:256ページ
発売日:2016-06-17
分類: ノンフィクション  国際政治情勢  政治入門 
キーワード: 世界  最終  戦争論  近代  終焉 
評価 3.8   読者数 2.6
世界「最終」戦争論 近代の終焉を超えて
       

<マイリスト>

<目次>

序章 問題提起 世界は「最終戦争」に向かっているのか
第1章 液状化する国民国家とテロリズム
第2章 我々は今、疑似戦時体制を生きている
第3章 帝国再編とコミューン型共同体の活性化
第4章 グローバリズムという名の「棄民」思想
第5章 シンガポール化する日本
第6章 「不機嫌な時代」を暴走させないために

<内田 樹の本>

<姜 尚中の本>