いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

子どもの夜ふかし 脳への脅威

著者:三池 輝久 
レーベル: 集英社新書
出版社:集英社
新書:192ページ
発売日:2014-04-17
分類: こどもの医学 
キーワード: 子ども    脅威 
評価 4.1   読者数 2.5
[ベスト1000冊]
子どもの夜ふかし 脳への脅威
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 子どもの夜ふかしが危ない
  • 赤ちゃんの短眠大国、ニッポン
  • 短眠の原因は「夜ふかし」 ほか
第2章 新生児から乳幼児までの睡眠障害と発達障害
  • 発達障害に対する医学生理学界の最新の考え
  • 睡眠は脳を創り、育て、守る ほか
第3章 小学生以上の子どもの睡眠障害と不登校・ひきこもり―背景としての小児慢性疲労症候群
  • 不登校・ひきこもり状態の子どもの身体には何が起こっているのか?
  • 不登校児に多い頑張りの生活歴 ほか
第4章 睡眠時間記録をつけよう
  • 自分の睡眠は自分で評価できる
  • 睡眠時間記録表の見方 ほか
第5章 家族でできる睡眠改善―大人が変われば、子どもも変わる
  • 副作用なし!予防こそ最良の方策
  • 新生児から乳幼児の良眠のための9のヒント ほか