いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

物価とは何か (講談社選書メチエ)

著者:渡辺 努 
出版社:講談社
単行本(ソフトカバー):336ページ
発売日:2022/01/13
価格:2145円
分類: 投資・金融・会社経営 
キーワード:  
評価 3.7   読者数 2.6
物価とは何か (講談社選書メチエ)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 物価から何がわかるのか
  • それは何の値段なのか
  • 物価はこうして「作られる」
  • 物価は誰のものか―企業の物価・地域の物価・個人の物価
第2章 何が物価を動かすのか
  • インフレもデフレも気分次第
  • ハイパーインフレが教えてくれる物価の本質
  • 予想との格闘
第3章 物価は制御できるのか―進化する理論、変化する政策
  • フィリップス曲線という発見
  • 信認と独立
  • おしゃべりな中央銀行
  • 予想は操作できるか
  • 予想は測ることができるか
第4章 なぜデフレから抜け出せないのか―動かぬ物価の謎
  • 価格はなぜ毎日変わらないのか?
  • ミクロとマクロの辻褄が合わない!
  • 価格を変えない日本企業
  • デフレで何が困るのか
  • 商品の新陳代謝と企業の価格更新
第5章 物価理論はどうなっていくのか―インフレもデフレもない社会を目指して

<新聞書評>