いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

激動 日本左翼史 学生運動と過激派 1960-1972

著者:池上 彰  佐藤 優 
レーベル: 講談社現代新書
出版社:講談社
新書:272ページ
発売日:2021/12/15
価格:1012円
分類: 日本史 
キーワード: 日本  左翼史 
評価 3.8   読者数 2.7
激動 日本左翼史 学生運動と過激派 1960-1972
       

<マイリスト>

<目次>

序章 「六〇年代」前史
  • 「左翼史の核心」としての六〇年代
  • 前巻のポイント1 講座派と労農派 ほか
第1章 六〇年安保と社会党・共産党の対立(一九六〇~一九六五年)
  • 安保闘争までの流れ
  • 「強行採決」が闘争の引き金に ほか
第2章 学生運動の高揚(一九六五~一九六九年)
  • 安保の挫折と学生運動の停滞
  • 代議制を捨てた「全共闘」 ほか
第3章 新左翼の理論家たち
  • 池上青年と労農派マルクス主義
  • 池上青年を「オルグ」しようとしたセクト ほか
第4章 過激化する新左翼(一九七〇年~)
  • 七〇年安保闘争と新宿騒乱
  • 沖縄は「奪還」すべきか「解放」すべきか ほか

<池上 彰の本>

<佐藤 優の本>