いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

資本主義に出口はあるか

著者:荒谷 大輔 
レーベル: 講談社現代新書
出版社:講談社
新書:280ページ
発売日:2019-08-21
価格:990円
分類: 西洋思想  哲学 
キーワード: 資本主義  出口 
評価 3.8   読者数 2.4
資本主義に出口はあるか
       

<マイリスト>

<目次>

序 社会って、こういうもの?―ゼロから社会を見直すこと
第1章 この社会はどんな社会なのか―「右/左」の対立の本質
第2章 いまはどんな時代なのか―「ロック/ルソー」で辿る近現代史
  • 「ロック/ルソー」の揺れ動きとしての近現代史
  • アダム・スミスの道徳論 ほか
第3章 いま社会で何が起きているのか―ネオ・リベラリズムの「必然性」
  • 戦後国際秩序の成立:モンロー主義の普遍化
  • 国際連合とアメリカ ほか
第4章 資本主義社会の「マトリックス」を超えて
  • 共通の前提:「我思う、故に我あり」
  • 「私」という罠 ほか