いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

地球をめぐる不都合な物質 拡散する化学物質がもたらすもの

著者:日本環境化学会 
レーベル: ブルーバックス
出版社:講談社
新書:272ページ
発売日:2019/06/20
価格:1100円
分類: 環境問題  建築・土木工学 
キーワード: 地球  不都合  化学  物質 
評価 3.6   読者数 2.4
地球をめぐる不都合な物質 拡散する化学物質がもたらすもの
       

<マイリスト>

<目次>

プロローグ 地球をめぐる不都合な物質とは
第1部 人類が作り出した化学物質が地球を覆う
  • 世界に広がるPOPs汚染―海生哺乳動物の化学物質汚染と途上国のダイオキシン汚染
  • マイクロプラスチック「不都合な運び屋」
  • 水俣病だけではない「世界をめぐる水銀」
  • 古くて新しい不都合な物質「重金属」四大公害病から越境汚染まで
  • 知られざるPM2.5―何が原因?どこからやってくる?
第2部 不都合な化学物質は、私たちにどのような影響をもたらすのか?
  • メチル水銀が子どもの発達に与える影響を探る
  • 化学物質が免疫機構に異常を引き起こす―免疫かく乱とアレルギー疾患
  • 毒に強い動物と弱い動物―解毒酵素を介した化学物質との攻防
エピローグ 化学物質をめぐる対立