いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

よみがえる古代思想―「哲学と政治」講義1

著者:佐々木 毅 
レーベル: 講談社学術文庫
出版社:講談社
文庫:264ページ
発売日:2012-10-11
分類: 政治学  西洋思想  哲学史 
キーワード: 古代  思想  哲学  政治  講義 
評価 3.7   読者数 2.2
よみがえる古代思想―「哲学と政治」講義1
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 ソクラテス以前とソクラテス―人間にとっての政治
  • 掟、ノモス、傲慢
  • ギリシア的な政治―ポリスと自由人
  • ソクラテスと倫理革命
第2章 プラトン―哲人王の意味するもの
  • イデアと人間
  • 魂と政治
第3章 アリストテレス―ポリスと人間の諸相
  • 経験的分析の視座
  • 実践の概念と学問分類
  • ポリスと政治
  • 家と支配の多様さ
  • 国制について
第4章 ヘレニズム諸派の時代へ―大帝国の出現と脱ポリスの哲学
  • アリストテレスとギリシア的伝統
  • ヘレニズム世界と哲学の変容
第5章 古代ローマの哲学と政治論―政治の意味と無意味
  • ローマのジレンマ
  • キケロ
  • 帝政期ローマとストア派の変容
  • まとめに代えて

<別版>

<佐々木 毅の本>