いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

知性の限界――不可測性・不確実性・不可知性

著者:高橋 昌一郎 
レーベル: 講談社現代新書
出版社:講談社
新書:288ページ
発売日:2010/04/16
価格:836円
分類: ノンフィクション  経済学  哲学  論文・評論・講演集  論理学・現象学 
キーワード: 知性  限界  確実性 
評価 4.0   読者数 3.5
紹介:小飼弾 
知性の限界――不可測性・不確実性・不可知性
       

<マイリスト>

<目次>

序章 シンポジウム「知性の限界」開幕―「理性の限界」懇親会場より
第1章 言語の限界
  • 「論理哲学論考」のパラドックス
  • ウィトゲンシュタインの言語ゲーム
  • 指示の不可測性
  • 言語理解の限界と可能性
第2章 予測の限界
  • 帰納法のパラドックス
  • ポパーの開かれた宇宙
  • 予測の不確実性
  • 未来予測の限界と可能性
第3章 思考の限界
  • 人間原理のパラドックス
  • ファイヤアーベントの知のアナーキズム
  • 究極の不可知性
  • 人間思考の限界と可能性

<ブログ等>

<高橋 昌一郎の本>