いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 タルマーリー発、新しい働き方と暮らし

著者:渡邉 格 
レーベル: 講談社プラスアルファ文庫
出版社:講談社
文庫:276ページ
発売日:2017-03-17
分類: 経営学・キャリア・MBA  経済学  哲学・思想 
キーワード: 田舎  パン屋  経済  暮らし 
評価 3.9   読者数 3.4
田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 タルマーリー発、新しい働き方と暮らし
         

<マイリスト>

<目次>

第1部 腐らない経済(何かがおかしい(サラリーマン時代の話・僕が祖父から受け継いだもの)
マルクスとの出会い(僕が父から受け継いだもの)
マルクスと労働力の話(修業時代の話1)
菌と技術革新の話(修業時代の話2)
腐らないパンと腐らないおカネ(修業時代の話3))
第2部 腐る経済
  • ようこそ、「田舎のパン屋」へ
  • 菌の声を聴け(発酵
「田舎」への道のり(循環)
搾取なき経営のかたち(「利潤」を生まない)
次なる挑戦(パンと人を育てる))

<新聞書評>

<別版>