いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

大江戸商い白書――数量分析が解き明かす商人の真実 (講談社選書メチエ)

著者:山室 恭子 
出版社:講談社
単行本(ソフトカバー):232ページ
発売日:2015-07-11
分類: 江戸  日本史一般 
キーワード: 白書  商人  真実 
評価 3.7   読者数 2.3
大江戸商い白書――数量分析が解き明かす商人の真実 (講談社選書メチエ)
         

<マイリスト>

<目次>

はじめに 熊吉についてわかるすべてのこと
第1章 五坪に四人―江戸の人口密度を推計する
第2章 江戸商人データ解析
  • 江戸商人データベースの作成
  • 平均存続わずか一五・七年
  • 株の五割は非血縁譲渡
  • 店の五割は米屋か炭屋
  • 番組編成の三類型
第3章 競争と共生
  • 地区別店舗分布
  • 大江戸ショッピングガイド
  • 本所・深川の米流通網
  • 御用金をいくら出す?
第4章 江戸の完全競争市場
  • 薄利寡売の茨道
  • 江戸の完全競争市場
  • リサイクルショップとファストフード
第5章 大江戸商い模様
  • 桜吹雪の町奉行
  • 豆腐屋甚吉の町売り攻勢
  • 肴屋松五郎の鰤一〇〇本
  • 三人の両替商
  • 髪結常吉と三〇〇人の仲間
  • 湯屋のぬくもり

<新聞書評>