いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

明日は、いずこの空の下

著者:上橋 菜穂子 
出版社:講談社
単行本:218ページ
発売日:2014-09-02
分類: エッセー・随筆 
キーワード: 明日     
評価 3.6   読者数 3.2
明日は、いずこの空の下
       

<マイリスト>

<目次>

駆けるシスター
時ありき
ミルクをひと垂らし
リンゴの香り
雛の安らぎ
パフよ、ふり向いて
七月に凍える
尻尾の行方
月の光に照らされて
場違いな人
手足の先に、」あったもの
ミスター・ショザキ
あのスカートの下には
根性もん
名付けてはいけません
触って、嗅いで、驚いて
登るか、もぐるか
故郷の味の遠近法
暑さ、寒さも
フロンティアの先
世界の半分

<新聞書評>

<別版>

<上橋 菜穂子の本>