いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

戦争の日本近現代史

著者:加藤 陽子 
レーベル: 講談社現代新書
出版社:講談社
新書:296ページ
発売日:2002-03-19
分類: 日本史一般 
キーワード: 戦争  日本  現代史 
評価 3.6   読者数 3.2
戦争の日本近現代史
       

<マイリスト>

<目次>

第1講 「戦争」を学ぶ意味は何か
第2講 軍備拡張論はいかにして受け入れられたか
第3講 日本にとって朝鮮半島はなぜ重要だったか
第4講 利益線論はいかにして誕生したか
第5講 なぜ清は「改革を拒絶する国」とされたのか
第6講 なぜロシアは「文明の敵」とされたのか
第7講 第一次世界大戦が日本に与えた真の衝撃とは何か
第8講 なぜ満州事変は起こされたのか
第9講 なぜ日中・太平洋戦争への拡大したのか

<加藤 陽子の本>