いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

同性愛は「病気」なの? 僕たちを振り分けた世界の「同性愛診断法」クロニクル

著者:牧村 朝子 
レーベル: 星海社新書
出版社:講談社
新書:208ページ
発売日:2016/01/26
価格:924円
分類: 社会一般  社会学概論 
キーワード: 病気    世界  クロニクル 
評価 3.6   読者数 2.3
同性愛は「病気」なの? 僕たちを振り分けた世界の「同性愛診断法」クロニクル
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 「犯罪」とされた同性愛(‐1868)
  • 「実は、僕もゲイなんだ!」
  • 同じ同性愛者どうしというけれど… ほか
第2章 「犯罪」とされた同性愛(‐1871)
  • 同性愛の理由を「からだ」に探す
  • 同性愛の理由を「こころ」に探す ほか
第3章 戦火の中の同性愛(1938‐)
  • ナチスの台頭と同性愛迫害
  • ナチスの“同性愛治療”―ブッシェンヴァルト強制収容所の悪夢 ほか
第4章 同性愛は「人種」なのか(1945‐)(「人間は同性愛者と異性愛者に分かれる」説に対する、両性愛者(バイセクシュアル)の戦い
同性愛が心の病気とされていたころの診断法いろいろ ほか)
第5章 現代社会と同性愛(‐2015)
  • 現代も同性愛を「犯罪」「病気」とみなす地域
  • “ネタ”としての同性愛診断法 ほか

<牧村 朝子の本>