いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

路地裏の資本主義

著者:平川 克美 
レーベル: 角川SSC新書
出版社:KADOKAWA/角川マガジンズ
新書:230ページ
発売日:2014-09-10
分類: 経済学  投資・金融・会社経営  文学・評論 
キーワード: 路地    資本主義 
路地裏の資本主義
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 資本主義のまぼろし
  • そもそも、資本主義とは何なのか
  • 貨幣信仰と自然の慎み深さについて ほか
第2章 路地裏の資本主義
  • 借金まみれの資本主義
  • 厚顔無恥な人々 ほか
第3章 国民国家の終わりと、株式会社の終わり
  • フィクションとしての株式会社
  • 始まったものは必ず終わる ほか
第4章 “猫町”から見た資本主義
  • 都会の中のローカルな場所
  • 猫との対話 ほか
第5章 銭湯は日本経済を癒せるのか
  • 公共の生活空間
  • 銭湯が消えて、マンションが建った ほか

<新聞書評>

<平川 克美の本>