いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

私が源氏物語を書いたわけ 紫式部ひとり語り

著者:山本 淳子 
出版社:角川学芸出版
単行本:253ページ
発売日:2011-10-21
分類: 日本の古典 
キーワード:   源氏物語  紫式部  ひとり 
評価 3.7   読者数 2.4
私が源氏物語を書いたわけ 紫式部ひとり語り
       

<マイリスト>

<目次>

会者定離―雲隠れにし夜半の月
矜持―男子にて持たらぬこそ、幸ひなかりけれ
恋―春は解くるもの
喪失―「世」と「身」と「心」
創作―はかなき物語
出仕―いま九重ぞ思ひ乱るる
本領発揮―楽府といふ書
皇子誕生―秋のけはひ入り立つままに
違和感―我も浮きたる世を過ぐしつつ
女房―ものの飾りにはあらず
「御堂関白道長妾」―戸を叩く人
汚点―しるき日かげをあはれとぞ見し
崩御と客死―なほこのたびは生かむとぞおもふ
到達―憂しと見つつも永らふるかな

<山本 淳子の本>