いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

お金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代~現代史」にガサ入れ

著者:大村 大次郎 
レーベル: 中経の文庫
出版社:KADOKAWA
文庫:272ページ
発売日:2017-04-15
分類: 日本史一般 
キーワード: お金  流れ  日本  歴史  調査官  古代  現代史 
評価 3.6   読者数 2.7
お金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代~現代史」にガサ入れ
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 古代から日本は“技術立国”だった!
第2章 武家の台頭―これは社会経済の大変革だ
第3章 信長の関税政策、ザビエルの思惑、信玄の経済的ハンデ
第4章 「江戸時代が260年続いた」本当の理由とは?
第5章 明治維新を成功に導いた「お金の強い力」
第6章 日清・日露戦争、「戦費」はどう賄ったのか
第7章 太平洋“経済”戦争!当事者たちの懐事情は?
第8章 高度成長とバブルの“収支決算”をしよう

<新聞書評>

<別版>

<大村 大次郎の本>