いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

働かないアリに意義がある

著者:長谷川 英祐 
レーベル: 中経の文庫
出版社:KADOKAWA
文庫:221ページ
発売日:2016-06-14
分類: 昆虫学  生物学 
キーワード: アリ  意義 
評価 3.5   読者数 3.7
紹介:福岡伸一  山口周 
働かないアリに意義がある
       

<マイリスト>

<目次>

序章 ヒトの社会、ムシの社会
第1章 7割のアリは休んでる
第2章 働かないアリはなぜ存在するのか?
第3章 なんで他人のために働くの?
第4章 自分がよければ
第5章 「群れ」か「個」か、それが問題だ
終章 その進化はなんのため?

<新聞書評>

<別版>