いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

鬼と日本人

著者:小松 和彦 
レーベル: 角川ソフィア文庫
出版社:KADOKAWA
文庫:272ページ
発売日:2018-07-24
分類: 文化人類学一般  文学・評論 
キーワード:   日本人 
鬼と日本人
       

<マイリスト>

<目次>

鬼とはなにか
鬼の時代―衰退から復権へ
「百鬼夜行」の図像化をめぐって
「虎の巻」のアルケオロジー―鬼の兵法書を求めて
打出の小槌と異界―お金と欲のフォークロア
茨木童子と渡辺綱
酒呑童子の首―日本中世王権説話にみる「外部」の象徴化
鬼を打つ―節分の鬼をめぐって
雨風吹きしほり、雷鳴りはためき…―妖怪出現の音
鬼の太鼓―雷神・龍神・翁のイメージから探る
蓑着て笠着て来る者は…―もう一つの「まれびと」論に向けて
鬼と人間の間に生まれた子どもたち―「片側人間」としての「鬼の子」
神から授かった子どもたち―「片側人間」としての「宝子・福子」

<新聞書評>

<小松 和彦の本>