いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

潜伏キリシタンは何を信じていたのか

著者:宮崎 賢太郎 
出版社:KADOKAWA
単行本:296ページ
発売日:2018-02-22
分類: ノンフィクション  江戸  日本史一般 
キーワード:  
潜伏キリシタンは何を信じていたのか
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 夢とロマンのキリシタン史
第2章 キリシタンに改宗するとは
第3章 改宗後のキリシタン信仰の姿
第4章 潜伏時代のキリシタン信仰
第5章 創作された二つの奇跡―バスチャン伝承と信徒発見の新解釈
第6章 再生した復活キリシタン
第7章 潜伏キリシタンからカクレキリシタンへ
第8章 カクレキリシタンの神とは
第9章 復活キリシタン教会とその信仰
第10章 日本ではなぜキリスト教徒は増えないのか

<新聞書評>