いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい

著者:松井 忠三 
出版社:角川書店
単行本:221ページ
発売日:2013-07-10
分類: 企業動向 
キーワード: 仕組み  仕事  シンプル 
評価 3.7   読者数 3.6
無印良品は、仕組みが9割  仕事はシンプルにやりなさい
       

<マイリスト>

<目次>

序章 なぜ無印良品には“2000ページのマニュアル”があるのか―「標準」なければ「改善」なし
1章 売上げとモチベーションが「V字回復する」仕組み―「人を変える」ではなく、「仕組みをつくる」
2章 決まったことを、決まったとおり、キチンとやる―「経験」と「勘」を排除せよ
3章 会社を強くするための「シンプルで、簡単なこと」―「他者」と「他社」から学ぶ
4章 この仕組みで「生産性を3倍にできる」―「むくわれない努力」をなくす法
5章 自分の仕事を「仕組み化する力」をつくろう―「基本」があれば「応用」できる

<新聞書評>