いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ

著者:小倉 ヒラク 
レーベル: 角川文庫
出版社:KADOKAWA
文庫:400ページ
発売日:2020/06/12
価格:880円
分類: 文化人類学一般  文学・評論 
キーワード: 発酵  文化  人類学  微生物  社会  カタチ 
評価 3.9   読者数 3.1
発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ
       

<マイリスト>

<目次>

1 ホモ・ファーメンタム―発酵する、ゆえに我あり
2 風土と菌のブリコラージュ―手前みそとDIYムーブメント
3 制限から生まれる多様性―マイナスをプラスに醸すデザイン術
4 ヒトと菌の贈与経済―巡り続けるコミュニケーションの環
5 醸造芸術論―美と感性のコスモロジー
6 発酵的ワークスタイル―醸造家たちの喜怒哀楽
7 よみがえるヤマタノオロチ―発酵の未来は、ヒトの未来

<新聞書評>

<別版>

<小倉 ヒラクの本>

<こちらの本も見られています>