いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

海洋プラスチック 永遠のごみの行方

著者:保坂 直紀 
レーベル: 角川新書
出版社:KADOKAWA
新書:240ページ
発売日:2020/06/10
価格:990円
分類: 建築・土木工学  水質汚濁 
キーワード: 海洋  プラスチック  永遠  ごみ  行方 
評価 3.6   読者数 2.4
紹介:佐藤優 
海洋プラスチック 永遠のごみの行方
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 世界の海はプラスチックごみだらけ
  • 海に川にあふれるプラスチックごみ
  • 83億トンのプラスチック
  • 動き出したプラスチックごみ対策
  • プラスチックごみ輸入禁止の衝撃
第2章 プラスチックは地球の異物
  • プラスチックはリサイクルのはみだし者
  • 「ポリ」がキーワード
  • 生分解性プラスチックは救世主なのか?
第3章 マイクロプラスチックを生き物が食べる
  • 断片化するプラスチック
  • マイクロプラスチックは地球のあらゆるところに
  • わたしたちはプラスチックごみを食べている
第4章 わたしたち一人ひとりの力は小さいのか?
  • ごみ拾いで海岸の環境をぎりぎり守る
  • プラスチックごみは大問題なのか
  • 科学の知識を社会はどう使うのか

<保坂 直紀の本>