いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

わかりやすさの罪

著者:武田 砂鉄 
出版社:朝日新聞出版
単行本:278ページ
発売日:2020/07/07
価格:1760円
分類: 社会と文化 
キーワード: わかりやすさ   
評価 3.7   読者数 2.8
わかりやすさの罪
       

<マイリスト>

<目次>

「どっちですか?」の危うさ
「言葉にできない」
要約という行為
「2+3=○」「○+○=5」
勝手に理解しないで
理解が混雑する
「一気にわかる!」必要性
人心を1分で話すな
なぜそこで笑ったのか
なぜ笑うのか、なぜ笑えないのか
全てを人に届ける
説明不足
「コード」にすがる
ノイズを増やす
4回泣けます
コーヒーを吹くかもしれない
深いって何だろう
見せかけの優位
偶然は自分のもの
わざと雑にする
そんなこと言ってないのに
自分に迷わない人たち
みんなで考えすぎ
人はいつもぐちゃぐちゃ

<ブログ等>

<武田 砂鉄の本>