いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

コロナと生きる

著者:内田 樹  岩田健太郎 
レーベル: 朝日新書
出版社:朝日新聞出版
新書:235ページ
発売日:2020/09/11
価格:891円
分類: ノンフィクション  社会一般  暮らし・健康・子育て 
キーワード: コロナ 
評価 3.6   読者数 2.4
コロナと生きる
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 リスクとともに生きる―2020年5月14日、凱風館にて
  • 一時は絶望が頭をよぎった
  • 意味があった緊急事態宣言
  • ゼロにできない院内感染 ほか
第2章 葛藤とともに生きる―2020年6月10日、凱風館にて
  • コロナで加速する経済格差
  • 感染症に通用しないリバタリアニズム
  • 恐怖が生む分断 ほか
第3章 偶発性とともに生きる―2020年7月6日、凱風館にて
  • 専門家会議廃止の〓末
  • 対策とはブロックである
  • インバウンドと感染症 ほか

<内田 樹の本>

<岩田健太郎の本>