いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ハプスブルク帝国、最後の皇太子 激動の20世紀欧州を生き抜いたオットー大公の生涯 (朝日選書)

著者:エーリッヒ・ファイグル 
出版社:朝日新聞出版
単行本:408ページ
発売日:2016/04/08
分類: ドイツ・オーストリア史  ノンフィクション  ヨーロッパ史一般 
キーワード: ハプスブルク  帝国  最後  世紀  欧州  生涯 
評価 3.2   読者数 1.9
ハプスブルク帝国、最後の皇太子 激動の20世紀欧州を生き抜いたオットー大公の生涯 (朝日選書)
       

<マイリスト>

<目次>

幼年時代 1912‐1929
青年時代 1929‐1940
アンシュルス(ドイツによるオーストリア併合) 1938
パリ 1939‐1940
挑戦し続けるオットー 1940
再びアメリカへ 1940‐1944
オーストリア再興のための戦い
中央ヨーロッパの命運 1943‐1944
モスクワ宣言発効 1944
ハンガリー
第二次世界大戦終結後 1945‐1991
東西冷戦終結

<新聞書評>