いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

鉄道への夢が日本人を作った 資本主義・民主主義・ナショナリズム (朝日選書)

著者:張?? 
出版社:朝日新聞出版
単行本:352ページ
発売日:2015-10-09
分類: 交通  鉄道 
キーワード: 鉄道    日本人  資本主義  民主主義  ナショナリズム 
鉄道への夢が日本人を作った 資本主義・民主主義・ナショナリズム (朝日選書)
       

<マイリスト>

<目次>

序章 鉄道という夢と謎―日本の読者に向けて
  • 鉄道が映し出す日本
  • 本書のねらい
第1章 資本主義の誕生と鉄道の敷設(一八六八‐一九〇六年)
  • 隠された起源―国家事業としての鉄道敷設のはじまり
  • 国家と資本家の関係構築
  • 鉄道国家と国有鉄道
第2章 近代国家と民主主義と鉄道(一八八〇‐一九三六年)
  • 「国」に実体を与える地方
  • 政党政治黎明期の地方民と政治家
  • 改軌と改正鉄道敷設法と日本のケインズ
  • 民主主義を定着させた誘致活動
第3章 国民意識と鉄道(一八九〇‐一九三七年)
  • 政治的支配としての行幸啓
  • 世俗的巡礼としての鉄道旅行
  • 標準化した鉄道旅行―国体創出と想像
第4章 結論―国民の夢を乗せて、列車は走る
  • なぜ鉄道が近代化を促したのか
  • 社会学から見た鉄道制度
  • エピローグ
  • むすびにかえて

<新聞書評>