いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

平安人の心で「源氏物語」を読む (朝日選書)

著者:山本淳子 
出版社:朝日新聞出版
単行本:328ページ
発売日:2014-06-10
分類: 日本の古典 
キーワード:   源氏物語 
評価 3.6   読者数 2.5
平安人の心で「源氏物語」を読む (朝日選書)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 光源氏の前半生
  • 一帖「桐壷」―後宮における天皇、きさきたちの愛し方
  • 二帖「帚木」―十七歳の光源氏、人妻を盗む ほか
第2章 光源氏の晩年
  • 三十四帖「若菜上」前半―紫の上は正妻だったのか
  • 三十四帖「若菜上」後半―千年前のペット愛好家たち ほか
第3章 光源氏の没後
  • 四十二帖「匂兵部卿」―血と汗と涙の『源氏物語』
  • 四十三帖「紅梅」―左近の“梅”と右近の橘 ほか
第4章 宇治十帖
  • 四十五帖「橋姫」―乳を奪われた子、乳母子の人生
  • 四十六帖「椎本」―親王という生き方 ほか
第5章 番外編 深く味はふ『源氏物語』
  • 平安人の占いスタイル
  • 平安貴族の勤怠管理システム ほか

<新聞書評>

<山本淳子の本>