いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

東大入試 至高の国語「第二問」 (朝日選書)

著者:竹内 康浩 
出版社:朝日新聞出版
単行本:240ページ
発売日:2008-08-08
分類: 教育学  現代文  高校教科書・参考書  日本語研究 
キーワード: 東大  入試  至高  国語 
評価 3.7   読者数 2.5
東大入試 至高の国語「第二問」 (朝日選書)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 金子みすゞ―「さむかろな」「重かろな」「さみしかろな」
  • 二つの詩
  • 不幸の原因 ほか
第2章 死者との対話―「何万の鰯のとむらいするだろう」
  • 国木田独歩の手紙
  • 独歩に独り歩きはさせない ほか
第3章 春―「啓蟄や日はふりそそぐ矢の如く」
  • 円環する時間
  • 直線対円=都市対田舎 ほか
第4章 大人の言葉と子供の詩―「おっしゃる通りです」
  • 社会人用語の二つの特徴
  • 機械的人間 ほか
第5章 自己と関係性―「死者は決して消滅などしない」
  • 戦死者からの手紙
  • 食うか、食わせるか ほか