いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

NFTの教科書 ビジネス・ブロックチェーン・法律・会計まで デジタルデータが資産になる未来

著者:天羽健介  増田雅史 
出版社:朝日新聞出版
単行本:320ページ
発売日:2021/10/20
価格:1980円
分類: ビジネスとIT 
キーワード: 教科書  ビジネス  ブロック  チェーン  法律  会計  デジタル  データ  資産  未来 
評価 3.5   読者数 2.3
NFTの教科書 ビジネス・ブロックチェーン・法律・会計まで デジタルデータが資産になる未来
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 NFTビジネスの全体像
  • コンテンツ・権利の流通革命、なぜ、いまデジタル資産NFTが注目されているのか
  • NFTの市場概況と国内外の主要マーケットプレイス
  • 世界が注目する新市場、NFTとアートがつくり出す新たなマーケットとは ほか
第2章 NFTの法律と会計(NFTの発行(NFT化)とは何か。NFTの保有・移転の法的意味や販売での実質的取引対象とは
NFTと金融規制の関係は。どのようなNFTに規制が適用されるのか
ブロックチェーンゲーム等でリスクを生みやすいNFTの法的論点とは ほか)
第3章 NFTの未来
  • 世界経済の新たなトレンド。新しい価値を創出するNFTは無形資産のイノベーション
  • デジタル資産市場づくりの先頭バッターに日本はなれるか
  • 香港のユニコーン企業アニモカ・ブランズ会長が考えるNFTの可能性 ほか

<新聞書評>