いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

言葉で治療する

著者:鎌田 實 
出版社:朝日新聞出版
単行本:196ページ
発売日:2009-11-06
分類: 医学 
キーワード: 言葉  治療 
評価 3.7   読者数 2.6
言葉で治療する
       

<マイリスト>

<目次>

医療者の言葉しだいで治療の日々が天国にも地獄にもなる
がん患者の半分がうつ症状に悩んでいる
「きょうまで先生、がんばって、がんばってきました。もうこれ以上がんばれません」―たましいの叫びを聞こう
完治できないときでも、説明が十分だと「納得」することができる
「厳しい告知は女にはしない、という決まりがこの国にはあるのだろうか」―「安心」につなげるためには、よく説明すること
なぜ医師と患者さんはすれ違ってしまうのか
家族を「安心」させてくれる医療は評価が高い
心の手当ては悩んで、泣いて、向き合い、逃げないこと
患者さんと医師の間の「信頼」をどう取り戻すか
「聞く」ことが医療現場も教育現場も家庭も職場も大事なのだ
医師・看護師と患者さん・家族がお互いに救われるコミュニケーション術
心を支える魔法の言葉
患者さんと医師の対等な関係が大事
ある小児科の崩壊を救った「ありがとう」
患者さんはおびえながら医療者に向き合っている
毎日病室に来て、よく説明してくれる医師が最高
医療にもホスピタリティが必要
「その顔色なら絶対に大丈夫」という言葉に支えられた―がん対策基本法を骨抜きにするな
若い医師にいい医療をバトンタッチしたい
「時に癒し、しばしば慰め、そして常に励ます」
言葉を上手に使えば、「がん難民」はもっと減らせる

<鎌田 實の本>