いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

自由という牢獄――責任・公共性・資本主義

著者:大澤 真幸 
レーベル: 岩波現代文庫
出版社:岩波書店
文庫:416ページ
発売日:2018/09/15
価格:1628円
分類: 社会一般  社会学概論 
キーワード: 自由  牢獄  責任  公共性  資本主義 
評価 3.5   読者数 2.3
自由という牢獄――責任・公共性・資本主義
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 自由の牢獄―リベラリズムを超えて
  • リベラリズムの時代
  • 自由の困難 ほか
第2章 責任論―自由な社会の倫理的根拠として
  • 責任の不発化
  • リスク社会 ほか
第3章 “公共性”の条件―自由と開放をいかにして両立させるのか
  • 幽霊という敵
  • 現れの空間 ほか
第4章 不・自由を記述する赤インク
  • 不・自由を伝える赤インクがない
  • 資本主義における格差問題 ほか

<別版>

<大澤 真幸の本>

<こちらの本も見られています>