いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

国際人権入門――現場から考える

著者:申惠丰 
レーベル: 岩波新書
出版社:岩波書店
新書:192ページ
発売日:2020/08/21
価格:880円
分類: 人権問題  社会学概論 
キーワード: 国際  現場 
評価 3.7   読者数 2.2
国際人権入門――現場から考える
       

<マイリスト>

<目次>

序章 国際人権基準とそのシステム
  • 国際的な人権保障の出発点は国連憲章
  • 世界人権宣言 ほか
第1章 「不法滞在の外国人」には人権はないのか―入管収容施設の外国人
  • 退去強制手続と収容
  • 入管収容施設内での処遇 ほか
第2章 人権差別・ヘイトスピーチ―差別を「禁止」する法の役割
  • 社会生活における人権差別を禁止する法律がない日本
  • 民法の「不法行為」の規定をあてはめて解釈する迂遠な方法 ほか
第3章 女性差別の撤廃と性暴力(セクハラは「性(ジェンダー)暴力」であり、「女性差別」
諸外国の立法 ほか)
第4章 学ぶ権利実現のため措置を取る国の義務―社会権規約の観点から
  • 上がり続ける大学の学費と私費負担
  • 社会権規約が要求している措置 ほか