いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

異端の時代――正統のかたちを求めて

著者:森本 あんり 
レーベル: 岩波新書
出版社:岩波書店
新書:272ページ
発売日:2018-08-22
分類: 社会一般  社会学概論  哲学 
キーワード: 異端  時代  正統  かたち 
評価 3.5   読者数 2.6
受賞:新書大賞9位 
異端の時代――正統のかたちを求めて
       

<マイリスト>

<目次>

序章 正統の腐蝕―現代世界に共通の問いかけ
第1章 「異端好み」の日本人―丸山眞男を読む
第2章 正典が正統を作るのか
第3章 教義が正統を定めるのか
第4章 聖職者たちが正統を担うのか
第5章 異端の分類学―発生のメカニズムを追う
第6章 異端の熱力学―中世神学を手がかりに
第7章 形なきものに形を与える―正統の輪郭
第8章 退屈な組織と煌めく個人―精神史の伏流
終章 今日の正統と異端のかたち

<新聞書評>

<森本 あんりの本>