いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

棋士とAI――アルファ碁から始まった未来

著者:王銘〓 
レーベル: 岩波新書
出版社:岩波書店
新書:224ページ
発売日:2018-01-20
分類: 囲碁  社会学 
キーワード: 棋士  AI  アルファ  未来 
棋士とAI――アルファ碁から始まった未来
       

<マイリスト>

<目次>

1 「強いAI」の登場
  • 囲碁を制するAIは人間を制す
  • 棋士との決戦と引退
  • 技術革新の速さ
  • 選挙戦で囲碁を理解する
2 アルファ碁の振る舞い
  • 囲碁は確率の海
  • AIの手は分かりやすい
  • 「神の一手」と水平線効果
  • 過学習の罠
  • 開発と情報公開
3 AIと人間の交差点
  • ストーリー性は必要か
  • 部分と全体を考える
  • 恐怖心が教えてくれること
4 盤上から社会へ
  • AIからの学習法
  • 専門家の傲慢
  • 「囲碁の神様」に見る強さと面白さ
5 人間の証明
  • 表現の危機
  • AIに映る自分
  • 矛盾と人間の多面性

<新聞書評>