いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

裁判の非情と人情

著者:原田 國男 
レーベル: 岩波新書
出版社:岩波書店
新書:208ページ
発売日:2017-02-22
分類: 暮らしの法律 
裁判の非情と人情
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 裁判は小説よりも奇なり―忘れがたい法廷での出会い
  • 「法廷闘争時代」の幕開けに
  • 右手を挙げて宣誓? ほか
第2章 判事の仕事―その常識・非常識
  • 紅茶を出されたら…
  • 刑事裁判官vs.民事裁判官 ほか
第3章 無罪判決雑感
  • 「合理的な疑い」とは何か?
  • 裁判官vs.新聞記者 ほか
第4章 法廷から離れて―裁判所の舞台裏
  • 最高裁調査官の「魔術」と「錬金術」
  • 人生の達人 ほか
第5章 裁判員と裁判官―公平な判断のために求められるもの
  • 国民の目線と少年事件
  • 裁判官vs.弁護士 ほか

<新聞書評>