いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

右傾化する日本政治

著者:中野 晃一 
レーベル: 岩波新書
出版社:岩波書店
新書:240ページ
発売日:2015-07-23
分類: 政治入門 
キーワード: 日本  政治 
評価 3.4   読者数 2.7
紹介:斎藤美奈子 
右傾化する日本政治
       

<マイリスト>

<目次>

自由化の果てに
  • 現在を生んだ新右派転換
  • なぜ「反自由の政治」へ向かったのか
第1章 五五年体制とは何だったのか―旧右派連合の政治
  • 二つの歯車―開発主義と恩顧主義
  • 革新勢力―「三分の一」の役割と限界
  • なぜ旧右派連合は破綻したのか
第2章 冷戦の終わり―新右派転換へ
  • 新自由主義の時代へ
  • 自由化・多様化する日本政治
  • 国家主義―新右派連合を支えるもう一つの柱
第3章 「自由」と「民主」の危機―新右派連合の勝利
  • 小泉政権―「政治の新自由主義化」の時代
  • 安倍政権―そして「反自由の政治」が現出した
  • 寡頭支配時代へ―立憲主義破壊の企て
  • 日本政治は右傾化したのか
オルタナティブは可能か
  • 民主党の成功と挫折
  • 「リベラル左派連合」再生の条件

<新聞書評>

<ブログ等>