いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

日本の年金

著者:駒村 康平 
レーベル: 岩波新書
出版社:岩波書店
新書:256ページ
発売日:2014-09-20
分類: 社会学概論  社会保障  年金・保険 
キーワード: 日本  年金 
日本の年金
       

<マイリスト>

<目次>

年金制度を取り巻く状況
  • 人口はどうなるのか
  • 二〇二五年の日本社会の姿
  • 雇用の変容
  • 格差の拡大
  • 安定した社会保障財源の確保
年金制度は、いま
  • 公的年金の役割
  • 厚生年金の給付と負担
  • 二〇一二年の一体改革にともなう年金改革
  • 新たな課題
年金制度が直面していること
  • 先進国での共通の問題
  • 年金財政の変化
  • 未納者の増加
  • 各国の年金制度
  • 自営業の年金制度は、なぜ別の制度なのか
これからの年金制度
  • 制度設計をどうするのか
  • 現行制度維持か、抜本改革か、公的年金廃止民営化か
  • 高齢者への最低所得保障
  • 抜本改革は可能か
  • 二〇一四年の年金財政検証
  • 支給開始年齢の引き上げという選択肢
  • 年金積立金の運用と私的年金
  • 改革の構想
今後の社会保障制度を展望する

<新聞書評>