いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

医学的根拠とは何か

著者:津田 敏秀 
レーベル: 岩波新書
出版社:岩波書店
新書:224ページ
発売日:2013-11-20
分類: 衛生・公衆衛生学 
キーワード: 医学的  根拠   
評価 3.6   読者数 2.9
医学的根拠とは何か
       

<マイリスト>

<目次>

序章 問われる医学的根拠―福島・水俣・PM2.5
第1章 医学の三つの根拠―直感派・メカニズム派・数量化派
  • 繰り返される三つ巴の論争
  • 現代医学の柱は数量化、対象は人
第2章 数量化が人類を病気から救った―疫学の歩み
  • 数量化を始めた人々
  • 疫学の現代化
  • 病気の原因とは何か
第3章 データを読めないエリート医師
  • 数量化の知識なき専門家
  • 水俣病事件
  • 赤ちゃん突然死への対応を逸した研究班
第4章 専門家とは誰か
  • 進まない臨床研究
  • 日本の医学部の一〇〇年問題
  • 診察室でデータを作る時代

<新聞書評>

<津田 敏秀の本>

<こちらの本も見られています>