いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

原発のコスト――エネルギー転換への視点

著者:大島 堅一 
レーベル: 岩波新書
出版社:岩波書店
新書:240ページ
発売日:2011-12-21
分類: 核・原発問題 
キーワード: 原発  コスト  視点 
評価 3.7   読者数 2.9
受賞:大仏次郎論壇賞 
原発のコスト――エネルギー転換への視点
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 恐るべき原子力災害
  • 福島第一原発で何が起きたのか
  • 深刻な環境汚染
  • 人体への影響
  • 生活への影響
第2章 被害補償をどのようにすすめるべきか
  • 莫大な原子力被害
  • 何が賠償されるのか
  • 原子力損賠賠償の原則
  • 原子力損害賠償支援機構法の仕組み
  • 残された課題
第3章 原発は安くない
  • 原発は経済的か
  • 発電事業に直接要するコスト
  • 政策コスト
  • 発電コストの計算結果
  • 莫大なバックエンドコスト
第4章 原子力複合体と「安全神話」
  • 安全軽視の原子力政策
  • 軽んじられた多重防護の思想
  • 安全神話の中の原子力複合体
第5章 脱原発は可能だ
  • 脱原発が始まった
  • 脱原発で電力供給は大丈夫か
  • 原発を止める道筋
  • 脱原発のコスト
  • 再生可能エネルギーの爆発的普及は可能か