いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ブルシット・ジョブ――クソどうでもいい仕事の理論

著者:デヴィッド・グレーバー 
出版社:岩波書店
単行本:424ページ
発売日:2020/07/30
価格:4070円
分類: 経済思想・経済学説  社会一般  社会学概論 
キーワード: 仕事  理論 
評価 3.6   読者数 2.8
ブルシット・ジョブ――クソどうでもいい仕事の理論
       

<マイリスト>

<目次>

序章 ブルシット・ジョブ現象について
第1章 ブルシット・ジョブとはなにか?
第2章 どんな種類のブルシット・ジョブがあるのか?
第3章 なぜ、ブルシット・ジョブをしている人間は、きまって自分が不幸だと述べるのか?(精神的暴力について、第1部)
第4章 ブルシット・ジョブに就いているとはどのようなことか?(精神的暴力について、第2部)
第5章 なぜブルシット・ジョブが増殖しているのか?
第6章 なぜ、ひとつの社会としてのわたしたちは、無意味な雇用の増大に反対しないのか?
第7章 ブルシット・ジョブの政治的影響とはどのようなものか、そしてこの状況に対してなにをなしうるのか?

<新聞書評>

<ブログ等>

<デヴィッド・グレーバーの本>